『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『遅ればせながら、採卵結果。(その2)』
無事分割してくれている7個の卵たち。
あとは胚盤胞になったかの確認です。


その間、1週間。
OHSSのために動作がゆっくりな私。
安静に過ごしていました。
採卵から3日目に通院したときも、早く歩けないため新橋で忙しいサラリーマンたちにどんどんぬかされてゆきました。
邪魔で、ごめんよ。
早く歩けないお年寄りの気持ちでした。


そして、採卵から7日目。
胚盤胞確認の日です。
午前通院のため、培養士さんからお話が聞けたら聞きたいなと思い、最初の紙に「胚盤胞になっているものがあれば話を聞きたい。」と書いておきました。


採血後、診察までに時間があればこの間に培養士さんから声がかかるはずです。
・・・。
待てど、声がかからない…。
まさか!?
胚盤胞までにならなかったか・・・?。


培養士さんの部屋が空くたびに緊張です。
呼ばれるのは、(たぶん)採卵した方たちばかり。
そして4Fに呼ばれてしまいました…。


待ち時間がいつもより短かったせいで呼ばれなかったんだよね?
採卵の人に説明するのに忙しくて、呼ばれなかったんだよね!?
と言い聞かせておきました。


そして、診察。
Dダイマー、陽性発覚。点滴3時間コース。
培養士さんのお話どころじゃなくなっております。
しかし、診察時にカルテをこっそり盗み見。
白い紙が貼ってありました。
凍結まで行くと貼ってある紙です。


あっ、胚盤胞できたかも!?


いやいや、早とちりはいけない。
喜んで落ちる方が、つらい。
培養士さんから話を聞くまでは…。


結局培養士さんから話が聞けたのは、3時を過ぎ、会計も終わった後でした…。
しかし午後の部は始まっているのに、患者さん少なかったです。
全然人いないよ…。


やっと培養士さんとのお話。
気さくな女の方でした。
いつも男の方ばかりだったので、ちょっとうれしい。


培「先生からお話は聞いていますか?」


ゆ「聞いていません。」


培「数とか、全く?」


ゆ「全然聞いていません。」


培「ゆずRICOさん、すごいですよ、7個全部胚盤胞になってます。」


ゆ「ええ!! 全部ですか?」


培「そうです、それも4日目胚盤胞があります。」



ゆ「へ!? 4日目ですか?」


培「そうです。」


ゆ「え!?胚盤胞って4日目になるんですか?」


培「そうですね。なってますね。」


結局胚盤胞は4日目のものと5日目のものがありました。


4日目胚盤胞なんて、聞いたことがありません。
その時は全部胚盤胞になったことがうれしくて、気にもしませんでしたが家でネットで調べると重大なことが発覚。


分割が速すぎると染色体異常の可能性があるという記事をいくつか発見してしまったのです。


がーん。
4日目って速すぎなのでは…?
早いよね?
5日目が理想とされているのに、早すぎるよね…。
喜びもつかの間、またまた不安が押し寄せました。


4日目胚盤胞、1つではなくいくつかできたようなんです。
揃って異常だったらどうしよう…。


そんなこんなで数日不安がありましたが、とりあえず移植しないとわからないなと思い開き直りました。


しかし今回の採卵は受精率からもわかるように、前回より質が上がったような気がします。
使った薬剤は一緒でしたが注射の回数と1回の薬の量が違いました。
ただトータルの量はあまり変わりません。


気をつけたことは、運動。
水泳効果かな!?
血の循環が良くなったかもしれません。


それにしても気になる4日目胚盤胞、染色体異常ではなくて元気がいいだけだと思いたいです。
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/10 21:36】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(2) |
『遅ればせながら、採卵結果。(その1)』
すっかりブログに書いたつもりでいました。
採卵後の出来事で書いておきたいことがありすぎて、採卵結果を書きそびれていました。
すみません。


(これは3月中旬お話になります。)


さて、採卵について。
7個とれた卵たち。
無事受精してくれるか心配でした。
なぜなら前回の採卵で、受精率がよくなかった…。


夢クリの受精率はいいと思います。
なので、自分もてっきり受精するはずだと思い込んでいただけに、減った時はへこみました。
そして、自分は卵の質が悪いんだと自覚しました。


今回の7個の卵たち。
前回の受精率が良ければ、十分な数です。
そんなに凹むことはなかったと思います。
そして、次の日いよいよ受精確認です…。


受精確認日。
前回は3つぐらい減ったので、同じぐらい減ったら4つなってしまう・・・。
そんな不安を抱えつつ、電話をしました。
もう、手に汗握る緊張です。
こんな時に限って、電話つながりません。
そうですよね、結構昨日採卵した人多いみたいだったし。


何回か掛けて、15分ぐらい過ぎた時にやっとつながりました。


ゆ「昨日採卵したゆずRICOですが、受精確認お願いします。」


培「ゆずRICOさんですね。昨日採卵した7個ですが6つは受精していて、1つは受精しているかどうか分からないので引き続き培養します。」


えええ!!??


ゆ「6つ受精しているんですか?前回異常受精が多かった気がするんですが、大丈夫ですか?」


培「大丈夫です。全部正常受精ですね。」


ゆ「昨日の採卵後のお話で、一つ見た感じから質が悪いかもしれないといわれていたものがあるんですが…。」


培「・・・、そうですね、それが受精したかどうか分からないものです。」


ゆ「そうですか、ありがとうございました。」


なんと今回は6つも受精してくれていました!
もうひとつも受精かどうかわからないけど、受精の次の段階に入っていると確認した時点ではっきりわからないこともあるようなので、成長していると信じておきます!


前回の結果から、受精確認にものすごくエネルギーを使ったので、一気に緊張がほぐれました…。
ああよかった・・・。
受精の時点で減ってしまうと、卵全体の質が低い気がしていたので、前回よりは質がいいものがとれたかもと思いました。


そして、次の日、分割確認です。
昨日電話がつながりませんでしたが、今日もなかなかつながらない…。


前回、受精した子たちは次の日の分割まではすべて進んでくれたので、分割確認は受精確認より緊張せずに電話することができました。


ゆ「分割確認おねがいします。」


培「ええと、昨日受精確認ができた6つですが、すべて4分割になっています。確認が取れなかった1つも5分割ですね。」


ゆ「そうですか。グレードはどうでしょうか?」


培「4分割のものはすべてグレード1、5分割のものはグレード3です。」


ゆ「そうですか、ありがとうございました。」


無事すべて分割に進んでいてくれました。
受精確認が取れなかった1つはやはり、成長が進んでいたようでした。
あとは1つでも多く胚盤胞になることを望むばかりです。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/10 21:04】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) |
『やっと、Dダイマーからの解放!』
(これは3月下旬のお話です。)


生理3日目にして、陽性が出続けるDダイマー。


次の通院指定日はD13。


今日のホルモン値は、E2 84  LH 9.6  P4 0.5  FSH 9.4
っていうか、D13にして、E2 84って。


普通の人なら排卵期ということで、200越えのはずなのに。
あいからわずスローペースな私の卵巣です。


そして、問題のDダイマー、陰性でした!!


もうすっかり体質だと思い込み(院長にも体質だ!と何回も言われたし)、すっかり内科に行く気満々だった私。(今より病院への通院回数が増えると思い、待ち時間対策としてDSソフトなんぞ購入しちゃったりして。)
今日は紹介してくれるかと思ってた行ったら、なんと陰性!


院「今日はDダイマー、陰性やね。ピルの影響だったのかな・・・?一応Dダイマーの数値が下がってきてるんだよね。」


夢クリではDダイマーは(+)か(-)しか分からないので、詳しくは外の検査機関で調べます。
私の場合、いつも検査に出されていたようで検査結果をもらっていました。
ピーク時は3以上。
D3のときは、1.38でした。
確かに徐々に減ってきている・・・・?



院「まあ、陰性なら移植周期に入れるかな。」



へ?移植!?


ゆ「え?今周期ですか?」


院「ふん。」


いきなり移植周期に入れるとか言われても、心の準備が。
採卵後、プラノバールも中途半端だし、採卵後で体調乱れてるし。


院「じゃあ、10日後に来て。」


10日後だと、排卵は終わってるかもしれないんですけど、いいのかな?
院長は次のカルテに気が行っていたようなので、聞けませんでした…。


移植かあ…。


今周期の移植、どうしよう…。
できるのはうれしいけど、自前のホルモンだけだし、今周期はとくに自信がない…。


実は、採卵後から少しホルモンの乱れを感じます。
不調その1 調子のよかった肌が荒れてきて、ニキビ(吹きでもの?)が増えた。(季節の変わり目の影響もある?)


不調その2 体温調節ができない。(おかしい。)
採卵後から少しおかしくて、1時間に1~2回ぐらいのペースで、ホットフラッシュのような症状があります。更年期障害?のような感じで、寒かったのにいきなり暑く感じて、1分ぐらい引いていきます。その暑さは少し汗ばむぐらい。気持ち悪いんですよね…。


まあ採卵後にOHSSやらで高い注射打ったりしたし、乱れても仕方がないとは思うですけどね。



しかし!
ホルモン乱れてるとは思うんですけど、今周期は珍しく片頭痛がいつもより少ない。
頭痛薬をあまり飲んでいないんです。(それでも飲んでますけど。)
ってうことは、ホルモン乱れていないのか…?
(卵胞が育っていなくてホルモン値が伸びず、不正出血などの時は片頭痛起きまくります。)


移植、どうしようかな・・・。
体調を考えて様子を見ていこうと思います!



テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/09 21:20】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(0) |
『Dダイマー、続く。』
(これは3月中旬から下旬の話になります。)


採卵後、12日目。
今日も院長でした。


内診。
院「腫れが引いてきてるな。水も減ってきてるけどまだたまっとる。床下浸水ぐらいやな。」


院長、床下浸水って…。


ゆ「前回は床上浸水ですか?」


院「そうやね。生理来た?」


ゆ「まだです。」


プラノバールをやめて、1週間ぐらいになりますが、まだ生理が来ません。


そして、診察。
院「まだDダイマーがでとる。体質やね。」


あいかわらずDダイマーで続けているようです。
もう、体質なら体質で早く内科紹介してくれないかなって思っちゃいました。
じゃないと、移植に進めない…。


次は生理3日目の通院指定です。


そして次の日には生理が来たので、3日目に通院。


内診。
院「水は引いたな。カラッカラやな。」


い、院長・・、カラッカラって。
カラッカラでいいんですよね!?


そしてDダイマー、消えていませんでした…。



院「生理来たのにDダイマー出とる。これはもう体質やな。」


ゆ「今日はまだ内科紹介してもらえないのでしょうか?」


院「まだ結果でとらんからね。」


もう少し様子を見てからじゃないと紹介してもらえないようです。
何もできない期間ってもどかしい…。


まあでも院長としても中途半端な経過で紹介はできないんでしょうね。
わかるんですけど…。


院「次は10日後に来て。」


いつまで続くかDダイマー!

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/07 20:46】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(4) |
『消えないDダイマーとお高いお注射。』
(これは3月初旬の話になります。)


採卵から8日目。
昨日に引き続き今日も通院です。
おなか痛いのに~。


今日は院長診察でした。
内診時。
院「(水が)溜まってるなあ。体質かなあ。血液の濃縮は見られないんやけどな。」


体質と言われれば、体質なのかも。
HMGーHCGで起きやすいといわれているOHSS。
どちらの薬も使っていなくて、おまけに夢クリの誘発はそこまで強くないはず。
なのに、結構腫れているし。
そういえば、タイミングを他院でやっているときもクロミッドーHCGで少しおなか痛かった気がします。


そして、診察。
院「まだDダイマーがでとるね。おかしいなあ。卵巣が腫れとるね。で昨日でプラノバールを飲むのをやめたらからまたE2が上がって来とる。これをほっておくとどんどん上がってしまうから、押さえなくてはいけない。ちょっと高いけど注射を打つかな。」


院長、注射が高いっていうのを何回か強調されていました…。
でも「じゃあ、高いからやめます。」っていう選択肢、ないですよね・・・?
高いなんていくらだろうと心配になりました。


そして打った注射はセトロタイド。
これは、普通に使う人もいるようですが、私のような使い方ではありません。
私のような使い方をするときは濃度も高く?、量も多いので、お高くなるそうな。


そして、この注射。
あらかじめOHSSがひどくなるとわかっている人は、次周期は移植をせずに調整にして(採卵後はプラノバール等でホルモン調整が多い?)、採卵後に打ってしまう場合もあるようです。
前回ひどくなったこと、言ったのになあ。
どうせ打つなら、早く打ってほしかったよ。
でも前回も引いていったから、あと1週間ぐらい我慢すれば引くと思うんだけどな・・。
注射必要なのかなあ。


で、気になるこのお値段。
なんと、29400円!
3万弱ですよ、奥さん!


温泉旅行に行きたいです。3万円あれば。
その3万円、あっという間におなかに打たれ、消えていきました。


そして、今日も点滴3時間コース。
昨日、3時間もひまひまで時間を持て余してました。
5Fで雑誌を借りて眺めながらの3時間。
今日も、ひまでした…。


にしても不妊治療、思わぬ出費がいっぱいです…。
この3月は、採卵前も採卵後も病院へ通いづめ。
今年に入って、どんだけ諭吉さんが消えていったか。


そして次の日。
採卵後9日目。
今日も院長診察でした。
ここ何回か院長に見てもらっています。
今まで全然見てもらえなかったのに、単なる偶然か要注意患者に昇格?したかもしれません。


院「卵巣が引いてきてとるね。セトロタイドが効いたかな?」


そりゃあ、効いてもらわなくちゃ3万円打った甲斐がないですよ…。


院「でもまだDダイマーが(陽性)出とるね。おかしいなあ。普通はピルをやめたらすぐ消えるんやけどね。体質かなあ。」


でもむくみやだるさ全くありません。
院長もふくらはぎをぐっと握って、血栓らしいものはとりあえず見当たらないことを確認しています。


院「でもこれが出ていると、移植はできない。このまま出ているようだったら、内科で検査をして妊娠に耐えられるか調べなくてはいけない。」


ええ!!


妊娠に耐えられるかどうか!?って。
そんなの前提で治療しているのに、いまさら耐えられませんとか言われたら今までの苦労が…。


院「内部に血栓があったらそれが脳に飛ぶと、脳梗塞になる可能性があるから危ない。」


そうですけど・・・ね。


院「卵巣の腫れは引いてきてるから、次は3日後に来て。」


今日は点滴コースにはなりませんでした!
ほんと疲れるんですよね。


というわけで、OHSSは山は越えたようです。


そして、これからDダイマーに悩まされる羽目になるのです・・・。
このDダイマー、少し前まではあまり調べなかったような気がするのですが、最近になって重要視してるのかな?
Dダイマー、血栓ができた時にも陽性になるのですが、体のどこかに炎症があるときも反応が出るようです。
どっか、なんかあるのかな?


お会計は、幸いセトロタイド代は次回ということになりお金足りました!
急に3万の出費は危ないです。
お金、ほんと飛びますね。
定額給付金、治療費になってしまうかも…。





テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/04 10:57】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(8) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。