『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『漢方薬局へ。』
ホルモン剤の影響で、不正出血が続いたゆずRICOは近くの漢方薬局に相談へ行きました。


そこは不妊治療にも力を入れていて、周期療法もしているところでした。
20代だとそこでの妊娠率は、半年で50%、1年で80%という実績があります。
30代でも20代より少しだけ落ちるぐらいです。


原因不明のゆずRICOには向いているのでは!?
そんな希望を抱き、相談しました。


とりあえず、不正出血を止める漢方を処方してもらい、しばらくしてから周期療法を試してみました。


飲み始めてすぐ基礎体温が上がりました。
低体温なので、これはありがたい。


しかし、飲み始めて半年経っても妊娠する傾向はありません。


うーん。


漢方が効いていないのかな?
やっぱりピックアップ障害や、受精障害があるのかな?


色々不安が浮かび上がってきます。
が、とりあえず漢方を続けていました。


ストレスの元にもなっていた基礎体温もお休みしました。


漢方を飲み始め長めだった周期も少しだけ短くなり、ホルモン剤で壊したバランスは戻ったように思います。


しかし途中からもはや自然妊娠は無理なのかとあきらめモード。
あと3回だめだったら体外受精しよう!


新たに治療を始めるべく、病院を探し始めました。



ぽちっと押していただけるとありがたい!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/02/15 21:01】 病院再デビューまで | トラックバック(0) | コメント(0) |
『最初の病院』
ゆずRICOが最初に病院へ訪れたのは2006年6月。
子作りをするまでは「赤ちゃんなんてすぐできる。」とおバカな考えで過ごしていました。
基礎体温は子作り前からつけていたので、「周期は長めだけど正常範囲内だし~、2層になってるし~、」なんて思っていたのでした。


いざ、子作りを始めるとできない。
なかなか、できない。


そりゃあ、そうでしょう。
そんなに簡単に授かるものではありません。
おバカさを認識しました。


心配性のゆずRICOは半年もたたずに病院へ。
行ったのは近くの婦人科。
女医がいいな!と変なこだわりを持っていた時期でもあります。


一通りの検査(血液検査、通水、卵管造影、フーナー、精液検査)はすべてクリア。
原因不明でした。
先生も「どこも悪くないし、すぐできるんじゃないかな?」などとおっしゃってくれました。


しかし、できない。
クロミッドを服用しました。
排卵までの時間が短くなったものの、内膜が薄くなり、視野の異常、便秘などの副作用が出ました。
HMGも使いました。


これが、悪かった。
HMGだけだと、卵がうまく育たず不正出血で終わりました。


AIHも3回しました。
原因不明でフーナー良好なので、期待はしていなかったのですが、少しでもタイミングがあわせられるならとやってみました。


結果が出ないまま時間がたち、ホルモン剤で不正出血も増え、バランスが崩れたため、治療を始める前のが体調が良かったのでは?と思い、治療をやめることにしました。


そして、崩れたバランスを戻すため、漢方薬局に相談へ行きました。



↓ポチっと押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/02/15 18:49】 病院再デビューまで | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。