『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2回目移植の結果。』
無事移植が終わり、魔の一週間が始まりました。
体の様子が気になる時期です。


がしかし、今回の私はそれどころではありませんでした。
最初の3日間はプラノバールから変更してもらったドオルトンでも吐き気に悩まされ、横になっていることが多く、洗面器がお友達。
嘔吐こそしなかったですが、なれるまでに時間がかかりました。


そんな様子に旦那も心配そう。
ちょっとホルモン剤恐怖症になってしまいました。


気にしてもしょうがないので、そしてより不安をあおってしまうので、移植後の体の変化などのネット検索は一切やめました。
パソコンを開くことをやめました。
1回目の移植時には色々見ていたのですが、結局人それぞれだと。


それでもBT6日目ぐらいにはあまりの体の変化のなさに、ブルーがさらにダークブルーになり、なぜ着床しないんだろう?着床障害はどうやったら克服できるのか?など、夢クリ初診時にもらったKLCの加藤院長の本を引っ張り出し、旦那をも巻き込んで、悲観していました。
(でも結局その本は少し情報が古めなのか、私の知りたい情報は載っていなかったり…。)


そして、8月下旬、BT7日目判定日。
もはや99%、βーHCG 0.0を確信して病院へ行きました。
出勤前の旦那にも、「今回は無理だからね。」と言い聞かせ、陰性を確信しているため検査薬を試す気もさらさら起きず。
それくらい、何の体の変化もありませんでした。


そして、病院へ。
次の治療方針、移植、採卵の提案など院長へ聞きたい質問を何回も心の中で繰り返しました。
今までのより条件の悪い、残っている胚盤胞を移植しても無駄ではないのか?
移植はせず、採卵をしてもらうことは可能なのか?
子宮内洗浄は?


そして、診察。
今回は前と違って、ホルモン値の紙が見えるところに置いてありません。
院長が口を開きました。


院「ゆずRICOさんね、着床はしているようだね…。」


ん!?


ホルモン値の紙を見せてもらいました。


βーHCG  26、2


夢クリに通っていらっしゃる方ならお分かりの方も多いでしょう。
そうです。
微妙なんです…。


この時期の判定のHCGは40は欲しいといわれているのです。


院「まあ、凍結時間が早かったから(115時間)、まあこれくらいでもいいとして、次がどのくらい伸びているかだね。」


ゆ「はあ。そうですか。」


その後、黄体ホルモン注射を打ち、帰宅。


判定、持ち越しです。
私は完全に陰性を確信していたので、わずかながらHCGが出ていたことに驚き、そして少しホッとしました。
着床障害ではないかもしれない!!
HCGの低さにがっかりより、0じゃないことへの安心でした。
そして、体の変化のなさに、納得。
このHCGじゃあ、何の変化もないわな…。


このときはいっぱいいっぱいで、これからのことが考えられなかったのです。


しかし、これはまた長い長い時間の始まりでした。
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/10/07 19:57】 クロミフェン②(移植周期) | トラックバック(0) | コメント(10) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。