『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『予想通りの結果に。』
胎のうが確認されたら次は、心拍確認。
順調に育っていれば、BT27日目、6w4dの診察の日に確認されている方が多いように思います。


その間に1度診察。
胎のう確認されたらやめる人が多い中、私はHCGをこの日まではかりました。
この日のHCGは3000ぐらい。
私のHCGの伸びは4~5倍のペース。
倍々で伸びていくはずのHCGなので、通常からはどんどん差がでてきています。
そして、胎のうが少し下のほうについているということで、1度出血すると全部出てしまう可能性が高いといわれ、安静から絶対安静状態になりました。
通院はもちろん、タクシー。


胎のうは少しずつながら大きくなっていきました。


そして、BT27日目。
予想通り、心拍確認はできませんでした…。
それどころか、胎芽、卵黄のうも見られません。


ゆ「この日に心拍確認できないとまずいでしょうか?」


院「成長が遅いからそれを考えても、次には見えないとね。」


心拍確認。
自然妊娠でも、心拍確認できれば流産の確立が低くなるといわれていますよね。


私は、複雑でした。
本当はこんな風に考えてはいけないのかもしれません。
でも思ってしまいました。


このまま心拍確認できない可能性が高い…。
でももし心拍確認できても、その後止まってしまう可能性も高いといわれました。
では心拍確認できないほうが、ショックが少ないかもしれない…。
今は期待しすぎないようにブレーキをかけているけど、心拍確認が確認できたら、今より期待も増すし、止まったときのショックが大きそうで。



そして、BT32日目。
7w2d。
胎のうは少し成長。


でも予想通り、心拍確認はできませんでした…。
かすかに卵黄のうらしきものがあるか、ないかぐらい。


院「ゆずRICOさんね、次で8w0dになるんだわ。これで見えないとちょっと無理だね…。」


ゆ「そうですか…。」


とりえあえず、薬は続行。


ネット検索しても、7週目で確認できないと絶望的と言われたなどといった書き込みがあったり、9週目まで何も見えなかったという書き込みがあったり。


もはや卵に頑張れと励ますことより、ここまでよく頑張ったという気持のが大きくなっていました。


そして、8w0d。
外来受付で、尿検査があるといわれました。
妊娠された方には機械的に行っているもののようです。
つわりがひどい方は尿検査で確認しているようですが、私はそれでどころありません。
私の場合、つわりは少しあるものの、これをつわりと認めてしまうのがいやでつわりじゃないと思い込んでいましたし。
食欲はありましたし。
ちょうど私は来院してすぐトイレに行っていたので、でないかもと答え、なくなりました。


血液検査を飛ばして、すぐ内診。


モニターには胎のう以外、何も映っていませんでした。
成長も、止まっているように思えました。


着替えているときに隣の内診室から、声が聞こえてきました。
院「やはり心拍動いていないね。では処置しましょう。」


私だけじゃないんだよな…。
そんな風に思いました。


そして診察。


院「やはり確認できないね。これはもう、胎盤が形成されないでしょう。」



ゆ「そうですか・・。」


ゆ「胚盤胞になるまでのスピードはよかったのに、戻して成長が遅くなってしまったのは子宮環境が悪いのでしょうか?」


院「子宮環境が悪かったら、着床はできんわな。」
院「今日で薬をやめるので、出血するかもしれんけどね。」


予想された展開だったので、ショックはあまりありませんでした。
安静生活も解除、普通に電車に乗って帰りました。


その1週間後、流産処置をするための予約を入れました。
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/10/10 19:47】 陽性反応後~流産 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。