『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『これは水泳のせい!?』
1月中旬頃から頑張って始めた水泳通い。
順調に続いていました。
体重も減り、結婚以来一番体重が減って、それもありうれしくて通っていました。


そして2月。


夢クリでは年に1回、感染症や貧血の検査をしています。
2月のある通院日。
去年の2月にデビューした私は、夢クリでは2回目のこの検査がやってまいりました。


当日いきなり言われたので、お金が足りるか心配でした。
15000円ぐらいかかりますもんね。


でいつもは1本の血液を5本も取られ、またその時はちょうどD3で生理中でもあったので、よけい血が失われる気がしておりました。


で、診察。
S吉先生です。


S「貧血ですね。」


!!??


ゆ「あ、そうなんですか…。」


S「鉄剤を出しておきますので飲んでください。」


なんと、私、貧血でした!!


通常、ヘモグロビンの値が12ぐらい、最低でも10はほしいそうです。
でも私は、9.9。


ぎりぎり足りないようです。


鉄剤は初めて飲みます。
でもよく気持ちが悪くなりやすいと聞くので、看護士さんに聞いてみたところ、やはり胃に負担がかかりやすいので水分をたくさんとって飲んで下さいといわれました。


ところが胃が強くない私、心配でしたが、全く気持ち悪くならずにすみました。
おなかいっぱい食べてから飲んだのがよかったのでしょう。


でなぜ私が貧血になったか?
ちなみに1年前のヘモグロビン値は12で正常でした。


・・・・・、水泳のせいかも…?


運動をしすぎると赤血球が壊れて?貧血になるようです。
旦那も部活を頑張りすぎて、高校の時に鉄不足になったようです。


私の水泳。
決してしすぎの量ではありません。
せいぜい週2回ですし、クロールじゃなくて平泳ぎです。
元気なおばちゃんたちのがよっぽどスピーディに泳いでいます。


でも、食事の量も増やさなかったんですよね。
だから体重が減っていった。
うれしくて、少しおなかすいても運動しなったころと同じ量しか食べなかったんですよね。


だからかも…。


そういえば、検査の少し前にお風呂上りの私の顔を見て、旦那が「やけに顔白いね。」って言ってたんですよね。
「お風呂上がりだからじゃない?」とか返してたんですけど、白いというより青白かったんでしょう。
だって、貧血ですからね。


朝起きるのも辛くて、体調良くないかもなって思っていたけど、貧血といわれ納得してしまいました。



自分のへたれっぷりにわれながら感心です。


ちなみに鉄剤を処方されて、飲み終えてもう一度貧血の検査がありました。
無事クリアでした!


皆さん、運動した後は、しっかり食べましょうね!


スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/30 22:44】 採卵前調整周期 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『運動することにした。(1月~)』
1月の撃沈始まりで、クロミフェン周期3回目が終わってしまった私。


いよいよお金がかかってきます。
(いや、今までも十分かかってるんですけどね。医療費控除すごかったし。)
で、いままでもいろいろやってきたつもりでしたが、唯一つ大きく足りてないものがありました。


それは、運動。


食事はそこまで変なものも食べていないし、カフェインも取りすぎていない。
体も冷やさないようにしてるし、これ以上ここら辺に気を使うとストレスがたまるだけになりそうです。



そうすると、やはり運動がどうも全く足りておりません。


根っからの運動が苦手。
っていうか、体を動かす癖がついていないので、運動をする習慣もありません。
それでも不妊を意識してからは、ウォーキングをしてみたり、ジムに少し通ったりとしてみましたが、続きません。
おまけに汗をかくことが嫌い、ときています。


でもそんなこと言っていられなくなりました。
いい加減腹を決めて、運動しなくては。


何しよう…。
ジム…、続かないし、ウォーキングは寒い…。
やりたくないがために、やらない理由ならいくらでもあげれそうです。


そこで、思ったのが、水泳。
水泳はあまり泳げませんが、水の中は好きなのです。
おまけに小さい時に水泳教室に通っていたので、水泳に抵抗はありません。
三つ子の魂百までですね。


え?
水泳もスポーツジムなのに続くのかって?
それはわかりませんが、ジムで何がいやかって、行くのもめんどくさいですけど汗をかくことがいやなのですよね。
その点、水泳は汗をかかない。
かいても分からない。


ということで、泳ぎに通ってみることにしました。


去年も少し旦那と泳ぎに行った事はあったのですが、規則的に通おうとは思っていませんでした。
(月1回とか)


ただ実は過去2回の移植前に、泳いでたんですよね。
そしたら、HCGが出たし。


それもあって、ちゃんと通おうと思いました。
できれば、週2回、最低でも週1回は絶対。


こうしてジムに行くまではめんどくさいながらも、行ってしまえば結構楽しんで泳いだりしていました。
途中、プールの隣にあるジャグジーで体を温めながら、ジェットを腰に当て血流がよくなるようにしてました。
最初は泳げなかった距離もだんだん伸びていきました。


しかし!
この体にいいであろう、水泳のせいで(?)思わぬところに引っかかってしまったのです。


そのお話は、また後日。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/26 22:11】 採卵前調整周期 | トラックバック(0) | コメント(2) |
『今までの治療を振り返って見る。』
夢クリデビューして、1年が過ぎました。
まさか1年通うとは。
半年ぐらいで卒業できちゃったりしたらいいな~とかお気楽に考えていたりもしました。


デビューしていきなり順調だった生理周期が乱れ、不正出血が起こったりでなかなか自然周期採卵もできず。


そしてやっと最初の自然周期。
採卵するも空胞。
私は空胞ができやすいタイプなのかとへこみました・・。


クロミフェン周期突入です。
注射を3~4回。D16で採卵。
以前院長に、「多のう胞ではないが、多め。」とD3の診察時に言われたことがあるせいか、卵胞は順調に育ち、予定採卵数は16分の9。
(卵胞は16個ぐらい見えるので、そのうちの9個ぐらいはとれるだろうとの予想。)
実際は、予想通り9個採卵できたのですが、卵胞数はもっと多かったです。
しかし!


まさかの受精率の悪さ。


ここで5個に減りました…。
夢クリの受精率はもっといいので、まさかここで躓くとは思わなかった…。


無事胚盤胞まで育ってくれたのは、3つ。
5日目が2つ、6日目が1つだったので、3つあれば妊娠できるだろうとその時も思っていました…。


現実は、厳しい…。


結局、3回移植しても出産までたどり着けるような子はいなかったわけです…。


卵の質は採卵周期によって随分変わってくると思います。
私のこの周期は、胚盤胞までは行くけど、それ以上育つ力がなかった卵たちだったのでしょう。
その予兆が、受精率の悪さに表れている気がします。


受精はすれど、「異常受精」と言われたのが2つ、「受精せず」が1つだった気がします。
顕微授精で多核受精になってしまうのは、卵の質が悪いようです。


このときから少し悪い予感はしていました。
胚盤胞まではなったけど、質は良くないんじゃないかと。


卵の質って言われてしまうと、どうしたらよくなるのか分からないですよね…。
とりあえず、体にいいことと言われることをするしかないと思いました。



こんな感じで夢クリ1年生が終わり、無事!?2年生に突入です。
早く夢クリ卵学校卒業したいです。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/25 19:49】 ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(4) |
『2008年12月~2009年1月までの私。その2。』
HR補充周期と違って、移植前には全く薬を飲まないのもあり、またほんとに移植できるか分からなかったのもあり、全く移植モードに入っていなかった私。


それでも移植したからには、それなりに気を使って過ごしました。
一番に気を使ったのが、風邪、インフルエンザにならないこと。
実は12月に予防接種を受けようと思っていたのですが、移植の可能性があるならやめた方がいいといわれ、受けれずにいたのです。


そして、4日後の中間判定。
ここでは黄体ホルモンの数値を見るための検査です。
じゃあβーhcg計らなきゃいいのにとか思ってしまいましたが。


いつも高温期後半に体温が上がるので、今回もきっと黄体ホルモン後半に出てくるのかな?と思っていました。
案の定、前半に足りていないといわれていたのに、今回は足りてるとのこと。


そして、問題のβーhcgは、0.1。


微妙・・・・。
着床しかけたのか、誤差の範囲か。


審判は次回に持ち越しです。


この数値だと、7日目の判定日に20ぐらいは欲しいとのこと。


そして、7日目判定日。
この日はなんと、2009年1月1日。
夢クリで幕開けの1年ですね…。
1月1日なのに、賑わっていましたよ、病院は。


結果は、βーhcg 4


一番状態が悪かった私の胚盤胞、よく頑張りました。
凍結基準に満たないのに、頑張りました。
一番状態がいいであろう胚盤胞はかすりもしなかったのに、くっつこうとしてくれました。


こうして私の1年、ダークブルー始まりでした。
いや、期待はほとんどしていなかったのですが、それでもへこみますよね。
クロミフェン3回終わっちゃうし。
夢クリに通い始めた時は、3回でダメならあきらめつくかな?と思っていたのですが、採卵1回だけだとどうも諦めがつくわけもなく。


病院を後にし、即効初売りバーゲンに走りました。
hcgが伸びていたら、直帰しておとなしくしていただろう1日。
三度の飯と同じぐらい買い物好きな私が我慢しようと思っていたのに。


がっつり買い物してやりましたよ。
ええ、ええ。


旦那も止めやしませんよ。
おかげで落ち込みすぎずやり過ごせました。


そして、気が緩んだせいもあり風邪(インフルエンザ)をもらい、2日の夜からは高熱3日間出ました…。
完全に気が緩みましたね。
やけで、(妊娠できなかったし、風邪ひいてもいいや、ふふん。)と思っていましたし。
それまできっちりマスクで予防していたのに、マスクとって人ごみでバーゲンですからね。


3回目の移植は、ほんとにあっさり終わりました…。
凍結基準に満たないと言われたときには、ショックでしたが、それを移植しない勇気もなく。
貴重なクロミフェン周期最後の周期でしたが。


次回からは返金があるわけでもなく、お金がずっしりかかってきます。
体力づくりを本気でしなければ!と気合を入れた1月でした…。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


FC2 Blog Ranking



テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/19 21:16】 クロミフェン③(移植周期) | トラックバック(0) | コメント(2) |
『2008年12月~2009年1月までの私。その1。』
非常にご無沙汰していました。
なんとなくブログを書くモチベーションが、上がらなくて。
治療に対してのストレスかも知れません。


そして、この間になんと、クロミフェン周期(成功報酬)が終了してしまいました!!
そう、移植3回目をひそかに行っておりました。(見事撃沈ですが。)
いや~、あっさり終わりましたね。


振り返って書いてみようと思います。


12月。
生理が来てD3に来院。
その時点でまだHCGがさがりきっておらず、0.1。


まだ移植は無理だな~と思っていたら、S原先生いわく、「HCG次第で移植できるかも。」とのこと。


でもここからHCG消えにくいっていうし、前回S吉先生には2月になるかもと言われていたのでまあないだろうと構えていたら、次の診察時にあっさりHCGは0に。


あら、移植できるのかしら?


でも移植するといっても、今回は自然周期。
HR補充でしか経験のない私には、無理だろ~と移植モードにさっぱりならず。
排卵が遅いと中止になることも多い自然周期移植は、排卵が遅い私には中止になる確率が大。


と思いきや。


なんとか遅すぎず排卵。
でも排卵後の黄体ホルモンが低いといわれました。


これで、ああ、きっと移植日当日にホルモン値が悪くて中止だな。と思い込み、移植モードにならず。


そんなこんなで移植日。


黄体ホルモンは足りてないけど、薬で何とかなるとのことであっさり移植決定。


あら、移植できるんですね。


でも残り1つの卵は、3つあった卵の中でも一番状態の悪い6日胚盤胞。


そしてここで、衝撃的事実が発覚しました…!

融解して培養士さんからのお話です。
大きさ、状態などを確認。
6日目胚盤胞、凍結時間141時間、細胞数11個。


!!!??


夢クリに通ってらっしゃる方なら気づきましたでしょうか?


私の6日目胚盤胞、凍結基準を満たしていないのです!!

細胞数が11個。
6日目胚盤胞の基準は、12個なのです。


ではなぜ凍結されたのか!?


私が採卵し、凍結した去年の5月の時点ではこの基準はなかったそうです・・・。


そして培養士さんいわく、「今だったらもう少し培養して様子をみていたか、 凍結していなかったかもしれませんね。」


ガーン!!


一気にモチベーション、ダウン。


そんなこんなで、受けた移植は12月25日の出来事でした…。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/19 20:28】 クロミフェン③(移植周期) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。