『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『いよいよ移植周期へ突入。D3』
先周期、延期した移植。
ほぼ予定通り、リセットしました~。


D3に夢クリへ。
S原先生、3番からの呼び出しです。


S「ホルモン値は全く問題がないので、これなら全然移植周期入れると思います。」


ゆ「そうですか。」


次の通院日をGW中に指定されてしまったので、排卵の遅い私はそんなに早く排卵しないだろうという自己判断を元に、ずらしてもらいました!
いつも12日目とか13日目に通院してもE2全く伸びてないことが多いんですよね。


GWは対して予定はないのですが、やはり通院は避けたいなと思っていたので。


今周期、移植したい気満々なのですが、1つ気がかりが…。



それは豚インフルエンザ。

インフルエンザの時期を無事乗り切ったな~と思っていたら、いきなり流行り出しましたよね。
現在、日本には発生例はないようですが、いつ発生してもおかしくないし。
あまりに流行るようなら、移植延期も考えないといけないのかなとも思ってます。
予防のためにも、無駄に外に出歩かないようにしようと思います。



豚インフル、無事終息に向かって欲しいものです!
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/28 19:43】 移植周期⑤ | トラックバック(0) | コメント(2) |
『移植日決定!、でも・・・。D23』
ブログがやっとリアルタイムに追い付きました~。


さて、今周期。
Dダイマーでリセット周期かと思いきや、陰性になったおかげでホルモン値次第で移植できることになり急きょ移植周期へ。


D13の時点で全く育っていなかった卵胞。


D23に通院でした。


私の卵胞の育ちは後半に一気に育つようで、D23までに排卵してしまうのではないかという懸念がありました。
案の定、D20ぐらいでオリモノが増え、下腹部が少し痛くていつも通りの排卵の兆候が見え始めました。
D23までもたないのでは?


そう思い夢クリへ電話。
院長に確認してもらったところ、D23でいいとの返事。


ほんとにいいのかな・・・?
自然周期は排卵日が特定できないと移植日が決められないのでは…?
でも院長がいいっていうなら、それ以上追及することもできず。


そして、D23。
排卵済みだろうと思い込みながらの、内診。


なんと排卵していませんでした!
しかし、卵胞の大きさが、22.5ミリ。
誘発を何もしていないのに、大きいです。
いつもの卵より成長していました…。


そして、診察。
院長です。
新しい先生?が院長の後ろにいました。



院「ゆずRICOさん、Dダイマーは陰性やね。ピルも少しなら使ってもいいかもしれん。」


今日もDダイマー、計りました。
もし体質なら前回の陰性は偶然っていうこともあり得ますもんね。
Dダイマーも2回連続ということで、ピルの影響だろうという結論に達しました。


院「卵胞が大きくなりすぎてる。卵胞が大きいから黄体まで出始めてるから、こういうのはあまりいい卵じゃないかもしれん。」


今日のホルモン値は E2 443  LH 8.6  P4 1.5  FSH 3.6


なるほど、E2も高いし、P4も出てるし、LHは低いままですね…。
排卵の兆候が出始めたらLHは動き出すはずなのに、(今までは上がっていました。)まだ排卵しないのか?
黄体が出始めているから、排卵後のような症状があったのかな。


院「まあ、ホルモン値次第で移植やね。じゃあ、今日スプレキュアして1週間後に来て。」


ゆ「その日に移植ですか?」


院「そやね。」


というわけで、移植日が決まりました!今週の金曜です!


その後、院長に何も言われなかったので、3Fに降りてしまい、再び4Fへ逆戻り。
看護師さんからの説明です。


スプレキュアの残りを確認し、移植日の来院時間を説明。
来院時間が1時間遅くなっていました。
人によるのでしょうか?
変わったのかな?


でも…。
その時点で、移植迷っていました・・。


排卵の兆候があったにも関わらず、排卵していないこと。
いつもより排卵が遅いこと。(スプレキュアを使って、D25?ぐらいに排卵。調子のいい時はD18ぐらいで排卵するので、いつもより1週間も遅い。)
採卵後の調整不足(プラノバール一週間で終わり 等。)
体調的にホルモンバランスの悪さを感じていたこと。
院長に「あまりいい卵ではない。」と言われたこと。
移植日にちょっとした予定があったこと。


家に帰ってからも悩んで、移植、見送ることにしました!


自然周期なので、準備不足の今周期は自分のホルモン値に不安を感じること。
来周期もたぶん自然周期で体調がいいかわからないけど、準備不足を感じている今周期よりいいかも。(気持ち的に。)
胚盤胞も限りがあるので、無駄遣いはしたくないこと。


というわけで、次回の来院はD3。


水泳にも通って、漢方も飲んで、しっかり体調を整えて移植を迎えたいと思います!

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/14 20:29】 移植周期④→延期 | トラックバック(0) | コメント(2) |
『遅ればせながら、採卵結果。(その2)』
無事分割してくれている7個の卵たち。
あとは胚盤胞になったかの確認です。


その間、1週間。
OHSSのために動作がゆっくりな私。
安静に過ごしていました。
採卵から3日目に通院したときも、早く歩けないため新橋で忙しいサラリーマンたちにどんどんぬかされてゆきました。
邪魔で、ごめんよ。
早く歩けないお年寄りの気持ちでした。


そして、採卵から7日目。
胚盤胞確認の日です。
午前通院のため、培養士さんからお話が聞けたら聞きたいなと思い、最初の紙に「胚盤胞になっているものがあれば話を聞きたい。」と書いておきました。


採血後、診察までに時間があればこの間に培養士さんから声がかかるはずです。
・・・。
待てど、声がかからない…。
まさか!?
胚盤胞までにならなかったか・・・?。


培養士さんの部屋が空くたびに緊張です。
呼ばれるのは、(たぶん)採卵した方たちばかり。
そして4Fに呼ばれてしまいました…。


待ち時間がいつもより短かったせいで呼ばれなかったんだよね?
採卵の人に説明するのに忙しくて、呼ばれなかったんだよね!?
と言い聞かせておきました。


そして、診察。
Dダイマー、陽性発覚。点滴3時間コース。
培養士さんのお話どころじゃなくなっております。
しかし、診察時にカルテをこっそり盗み見。
白い紙が貼ってありました。
凍結まで行くと貼ってある紙です。


あっ、胚盤胞できたかも!?


いやいや、早とちりはいけない。
喜んで落ちる方が、つらい。
培養士さんから話を聞くまでは…。


結局培養士さんから話が聞けたのは、3時を過ぎ、会計も終わった後でした…。
しかし午後の部は始まっているのに、患者さん少なかったです。
全然人いないよ…。


やっと培養士さんとのお話。
気さくな女の方でした。
いつも男の方ばかりだったので、ちょっとうれしい。


培「先生からお話は聞いていますか?」


ゆ「聞いていません。」


培「数とか、全く?」


ゆ「全然聞いていません。」


培「ゆずRICOさん、すごいですよ、7個全部胚盤胞になってます。」


ゆ「ええ!! 全部ですか?」


培「そうです、それも4日目胚盤胞があります。」



ゆ「へ!? 4日目ですか?」


培「そうです。」


ゆ「え!?胚盤胞って4日目になるんですか?」


培「そうですね。なってますね。」


結局胚盤胞は4日目のものと5日目のものがありました。


4日目胚盤胞なんて、聞いたことがありません。
その時は全部胚盤胞になったことがうれしくて、気にもしませんでしたが家でネットで調べると重大なことが発覚。


分割が速すぎると染色体異常の可能性があるという記事をいくつか発見してしまったのです。


がーん。
4日目って速すぎなのでは…?
早いよね?
5日目が理想とされているのに、早すぎるよね…。
喜びもつかの間、またまた不安が押し寄せました。


4日目胚盤胞、1つではなくいくつかできたようなんです。
揃って異常だったらどうしよう…。


そんなこんなで数日不安がありましたが、とりあえず移植しないとわからないなと思い開き直りました。


しかし今回の採卵は受精率からもわかるように、前回より質が上がったような気がします。
使った薬剤は一緒でしたが注射の回数と1回の薬の量が違いました。
ただトータルの量はあまり変わりません。


気をつけたことは、運動。
水泳効果かな!?
血の循環が良くなったかもしれません。


それにしても気になる4日目胚盤胞、染色体異常ではなくて元気がいいだけだと思いたいです。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/10 21:36】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(2) |
『遅ればせながら、採卵結果。(その1)』
すっかりブログに書いたつもりでいました。
採卵後の出来事で書いておきたいことがありすぎて、採卵結果を書きそびれていました。
すみません。


(これは3月中旬お話になります。)


さて、採卵について。
7個とれた卵たち。
無事受精してくれるか心配でした。
なぜなら前回の採卵で、受精率がよくなかった…。


夢クリの受精率はいいと思います。
なので、自分もてっきり受精するはずだと思い込んでいただけに、減った時はへこみました。
そして、自分は卵の質が悪いんだと自覚しました。


今回の7個の卵たち。
前回の受精率が良ければ、十分な数です。
そんなに凹むことはなかったと思います。
そして、次の日いよいよ受精確認です…。


受精確認日。
前回は3つぐらい減ったので、同じぐらい減ったら4つなってしまう・・・。
そんな不安を抱えつつ、電話をしました。
もう、手に汗握る緊張です。
こんな時に限って、電話つながりません。
そうですよね、結構昨日採卵した人多いみたいだったし。


何回か掛けて、15分ぐらい過ぎた時にやっとつながりました。


ゆ「昨日採卵したゆずRICOですが、受精確認お願いします。」


培「ゆずRICOさんですね。昨日採卵した7個ですが6つは受精していて、1つは受精しているかどうか分からないので引き続き培養します。」


えええ!!??


ゆ「6つ受精しているんですか?前回異常受精が多かった気がするんですが、大丈夫ですか?」


培「大丈夫です。全部正常受精ですね。」


ゆ「昨日の採卵後のお話で、一つ見た感じから質が悪いかもしれないといわれていたものがあるんですが…。」


培「・・・、そうですね、それが受精したかどうか分からないものです。」


ゆ「そうですか、ありがとうございました。」


なんと今回は6つも受精してくれていました!
もうひとつも受精かどうかわからないけど、受精の次の段階に入っていると確認した時点ではっきりわからないこともあるようなので、成長していると信じておきます!


前回の結果から、受精確認にものすごくエネルギーを使ったので、一気に緊張がほぐれました…。
ああよかった・・・。
受精の時点で減ってしまうと、卵全体の質が低い気がしていたので、前回よりは質がいいものがとれたかもと思いました。


そして、次の日、分割確認です。
昨日電話がつながりませんでしたが、今日もなかなかつながらない…。


前回、受精した子たちは次の日の分割まではすべて進んでくれたので、分割確認は受精確認より緊張せずに電話することができました。


ゆ「分割確認おねがいします。」


培「ええと、昨日受精確認ができた6つですが、すべて4分割になっています。確認が取れなかった1つも5分割ですね。」


ゆ「そうですか。グレードはどうでしょうか?」


培「4分割のものはすべてグレード1、5分割のものはグレード3です。」


ゆ「そうですか、ありがとうございました。」


無事すべて分割に進んでいてくれました。
受精確認が取れなかった1つはやはり、成長が進んでいたようでした。
あとは1つでも多く胚盤胞になることを望むばかりです。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/10 21:04】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) |
『やっと、Dダイマーからの解放!』
(これは3月下旬のお話です。)


生理3日目にして、陽性が出続けるDダイマー。


次の通院指定日はD13。


今日のホルモン値は、E2 84  LH 9.6  P4 0.5  FSH 9.4
っていうか、D13にして、E2 84って。


普通の人なら排卵期ということで、200越えのはずなのに。
あいからわずスローペースな私の卵巣です。


そして、問題のDダイマー、陰性でした!!


もうすっかり体質だと思い込み(院長にも体質だ!と何回も言われたし)、すっかり内科に行く気満々だった私。(今より病院への通院回数が増えると思い、待ち時間対策としてDSソフトなんぞ購入しちゃったりして。)
今日は紹介してくれるかと思ってた行ったら、なんと陰性!


院「今日はDダイマー、陰性やね。ピルの影響だったのかな・・・?一応Dダイマーの数値が下がってきてるんだよね。」


夢クリではDダイマーは(+)か(-)しか分からないので、詳しくは外の検査機関で調べます。
私の場合、いつも検査に出されていたようで検査結果をもらっていました。
ピーク時は3以上。
D3のときは、1.38でした。
確かに徐々に減ってきている・・・・?



院「まあ、陰性なら移植周期に入れるかな。」



へ?移植!?


ゆ「え?今周期ですか?」


院「ふん。」


いきなり移植周期に入れるとか言われても、心の準備が。
採卵後、プラノバールも中途半端だし、採卵後で体調乱れてるし。


院「じゃあ、10日後に来て。」


10日後だと、排卵は終わってるかもしれないんですけど、いいのかな?
院長は次のカルテに気が行っていたようなので、聞けませんでした…。


移植かあ…。


今周期の移植、どうしよう…。
できるのはうれしいけど、自前のホルモンだけだし、今周期はとくに自信がない…。


実は、採卵後から少しホルモンの乱れを感じます。
不調その1 調子のよかった肌が荒れてきて、ニキビ(吹きでもの?)が増えた。(季節の変わり目の影響もある?)


不調その2 体温調節ができない。(おかしい。)
採卵後から少しおかしくて、1時間に1~2回ぐらいのペースで、ホットフラッシュのような症状があります。更年期障害?のような感じで、寒かったのにいきなり暑く感じて、1分ぐらい引いていきます。その暑さは少し汗ばむぐらい。気持ち悪いんですよね…。


まあ採卵後にOHSSやらで高い注射打ったりしたし、乱れても仕方がないとは思うですけどね。



しかし!
ホルモン乱れてるとは思うんですけど、今周期は珍しく片頭痛がいつもより少ない。
頭痛薬をあまり飲んでいないんです。(それでも飲んでますけど。)
ってうことは、ホルモン乱れていないのか…?
(卵胞が育っていなくてホルモン値が伸びず、不正出血などの時は片頭痛起きまくります。)


移植、どうしようかな・・・。
体調を考えて様子を見ていこうと思います!



テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/09 21:20】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(0) |
『Dダイマー、続く。』
(これは3月中旬から下旬の話になります。)


採卵後、12日目。
今日も院長でした。


内診。
院「腫れが引いてきてるな。水も減ってきてるけどまだたまっとる。床下浸水ぐらいやな。」


院長、床下浸水って…。


ゆ「前回は床上浸水ですか?」


院「そうやね。生理来た?」


ゆ「まだです。」


プラノバールをやめて、1週間ぐらいになりますが、まだ生理が来ません。


そして、診察。
院「まだDダイマーがでとる。体質やね。」


あいかわらずDダイマーで続けているようです。
もう、体質なら体質で早く内科紹介してくれないかなって思っちゃいました。
じゃないと、移植に進めない…。


次は生理3日目の通院指定です。


そして次の日には生理が来たので、3日目に通院。


内診。
院「水は引いたな。カラッカラやな。」


い、院長・・、カラッカラって。
カラッカラでいいんですよね!?


そしてDダイマー、消えていませんでした…。



院「生理来たのにDダイマー出とる。これはもう体質やな。」


ゆ「今日はまだ内科紹介してもらえないのでしょうか?」


院「まだ結果でとらんからね。」


もう少し様子を見てからじゃないと紹介してもらえないようです。
何もできない期間ってもどかしい…。


まあでも院長としても中途半端な経過で紹介はできないんでしょうね。
わかるんですけど…。


院「次は10日後に来て。」


いつまで続くかDダイマー!

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/07 20:46】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(4) |
『消えないDダイマーとお高いお注射。』
(これは3月初旬の話になります。)


採卵から8日目。
昨日に引き続き今日も通院です。
おなか痛いのに~。


今日は院長診察でした。
内診時。
院「(水が)溜まってるなあ。体質かなあ。血液の濃縮は見られないんやけどな。」


体質と言われれば、体質なのかも。
HMGーHCGで起きやすいといわれているOHSS。
どちらの薬も使っていなくて、おまけに夢クリの誘発はそこまで強くないはず。
なのに、結構腫れているし。
そういえば、タイミングを他院でやっているときもクロミッドーHCGで少しおなか痛かった気がします。


そして、診察。
院「まだDダイマーがでとるね。おかしいなあ。卵巣が腫れとるね。で昨日でプラノバールを飲むのをやめたらからまたE2が上がって来とる。これをほっておくとどんどん上がってしまうから、押さえなくてはいけない。ちょっと高いけど注射を打つかな。」


院長、注射が高いっていうのを何回か強調されていました…。
でも「じゃあ、高いからやめます。」っていう選択肢、ないですよね・・・?
高いなんていくらだろうと心配になりました。


そして打った注射はセトロタイド。
これは、普通に使う人もいるようですが、私のような使い方ではありません。
私のような使い方をするときは濃度も高く?、量も多いので、お高くなるそうな。


そして、この注射。
あらかじめOHSSがひどくなるとわかっている人は、次周期は移植をせずに調整にして(採卵後はプラノバール等でホルモン調整が多い?)、採卵後に打ってしまう場合もあるようです。
前回ひどくなったこと、言ったのになあ。
どうせ打つなら、早く打ってほしかったよ。
でも前回も引いていったから、あと1週間ぐらい我慢すれば引くと思うんだけどな・・。
注射必要なのかなあ。


で、気になるこのお値段。
なんと、29400円!
3万弱ですよ、奥さん!


温泉旅行に行きたいです。3万円あれば。
その3万円、あっという間におなかに打たれ、消えていきました。


そして、今日も点滴3時間コース。
昨日、3時間もひまひまで時間を持て余してました。
5Fで雑誌を借りて眺めながらの3時間。
今日も、ひまでした…。


にしても不妊治療、思わぬ出費がいっぱいです…。
この3月は、採卵前も採卵後も病院へ通いづめ。
今年に入って、どんだけ諭吉さんが消えていったか。


そして次の日。
採卵後9日目。
今日も院長診察でした。
ここ何回か院長に見てもらっています。
今まで全然見てもらえなかったのに、単なる偶然か要注意患者に昇格?したかもしれません。


院「卵巣が引いてきてとるね。セトロタイドが効いたかな?」


そりゃあ、効いてもらわなくちゃ3万円打った甲斐がないですよ…。


院「でもまだDダイマーが(陽性)出とるね。おかしいなあ。普通はピルをやめたらすぐ消えるんやけどね。体質かなあ。」


でもむくみやだるさ全くありません。
院長もふくらはぎをぐっと握って、血栓らしいものはとりあえず見当たらないことを確認しています。


院「でもこれが出ていると、移植はできない。このまま出ているようだったら、内科で検査をして妊娠に耐えられるか調べなくてはいけない。」


ええ!!


妊娠に耐えられるかどうか!?って。
そんなの前提で治療しているのに、いまさら耐えられませんとか言われたら今までの苦労が…。


院「内部に血栓があったらそれが脳に飛ぶと、脳梗塞になる可能性があるから危ない。」


そうですけど・・・ね。


院「卵巣の腫れは引いてきてるから、次は3日後に来て。」


今日は点滴コースにはなりませんでした!
ほんと疲れるんですよね。


というわけで、OHSSは山は越えたようです。


そして、これからDダイマーに悩まされる羽目になるのです・・・。
このDダイマー、少し前まではあまり調べなかったような気がするのですが、最近になって重要視してるのかな?
Dダイマー、血栓ができた時にも陽性になるのですが、体のどこかに炎症があるときも反応が出るようです。
どっか、なんかあるのかな?


お会計は、幸いセトロタイド代は次回ということになりお金足りました!
急に3万の出費は危ないです。
お金、ほんと飛びますね。
定額給付金、治療費になってしまうかも…。





テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/04 10:57】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(8) |
『やっぱり0HSS。そして、Dダイマーって??』
(これは3月初旬のお話です。)


前回は、3日目の夜ぐらいから腫れ始めたおなか。


今回は卵後3日目にOHSSの様子を見るために診察を受けました。


診察は院長。
でもこのときはおなかは痛いですが、腫れはピークというわけではなく、腫れかけ?の段階で診察日の夜ぐらいからスイカ状態になってきました…。
診察も血液検査で、炎症反応がでていないので、「腫れとるけどだいじょうぶだろう。」というような感じで終わりました…。


しかし、その後腫れが引くこともなく、かなりパンパンに…。


採卵後7日目。
通常の診察です。
そして、このときの血液検査で初めてDダイマーというのを計りました。


Dダイマーとは?
初めて調べるので採血の時看護士さんに聞いてみると、「ピルを飲んでいる方は調べるんですけど。」と言われました。





で、何を調べるのでしょう?


ゆ「なんのためですか?」


看「ピルを飲んでいる方が調べるものです。」


で?


こんな会話が繰り返されました。


何を調べるのか知りたかったのに、なかなか教えてもらえませんでした。
結局、ピルによってできやすくなる血栓の有無を調べるためと教えてくれたのですが。


しかし、ピルは今まで何度も飲んできましたが、一度も検査したことありませんでした。
なぜ今回は?


診察は、S原先生です。


内診後。
S原「OHSSですね。水も溜まってます。」


そうですよね。こんなにおなか腫れて増すもんね。
服装によっては、妊婦ですよ。
中身水ですが。


S原「でもゆずRICOさん、Dダイマーが陽性になっているんだよね。なのですぐにプラノバールをやめてください。」


ええ!?


ゆ「プラノバールやめちゃうんですか?」


S原「そうです。血栓がひどくなっちゃうと大変なので、すぐやめてください。」

え~、せっかく今回なぜかプラノバールの副作用が少なくていい感じで飲めてるのに。
血栓の自覚は全くなく、むくみやだるさも全くありません。
ホルモン値もFSH0.8まで下がってるので、いい感じかと思ってたのに。
今やめちゃうと移植はどうなる?


ゆ「やめちゃうと来周期移植できないのでしょうか?」


S原「移植のことより、今はOHSSを治さないといけないから。で今日は、OHSSがひどくなる可能性があるけど、血栓のほうが心配だから点滴をします。」


ひ~!点滴ですか。
確かにOHSSは血管内の水がおなかにたまっちゃうので、点滴で血管に液体を入れると余計腫れる危険性があるのでしょう。
また血管内の水が外に出るので、余計血液が濃縮されるのかもしれません。


しかしそこまでひどいのか?
いきなり、点滴決定です。
軽く「点滴をします。」といわれ、1時間ぐらいかと思いきや、3時間…。
入れるものは「ポカリみたいなもんです。」なのに、朝から病院へ行って、終わったの夕方です。
お昼ご飯抜き。
でも途中で優しい看護士さんが、「おなか空きましたよね?」とチョコレートをくれました。
ぺろりと平らげましたよ。
美味しかった~、ありがとうございました。


そして明日も通院。その又明後日も通院。
つまり3日間連続で通院する羽目になりました…。




テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/03 22:01】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(2) |
『採卵日。(3月初旬)』
(これは3月の初めの話になります。)


D16。
いよいよ採卵日です。


カルテに書かれた予定採卵数は、20個中15個。
昨年5月に採卵した時の予想採卵数は、16個中9個。
このときは、未熟卵も含め、採卵できた数は9個だったので先生の予想は当たっていました。


予想通りだったら、15個も取れるのかな!?
数より質が欲しいですが、数がとれるならとれた方がいいですもんね。


そんな期待を胸に、指定された朝7時半に夢クリに行きました。
少し前について、すぐ呼ばれ、移植準備に入りました。
この日はとても採卵される方が多かったようです。


担当の先生は誰だろう?
と思っていたところ、院長でした!


前回の採卵も院長で、痛みがほとんどなかったので院長を期待していました。
希望通りでラッキーです。


少し待ってすぐに採卵。
いつもどおり、手際がいいです。
さすがです。


この手術室?は移植を含め、もう何回も入っています。
最初はこの雰囲気に圧倒されていましたが、ずいぶんと慣れました。(慣れたくないけど。)
採卵も緊張はしましたが、手順はわかっている分落ち着いていました。


相変わらず痛い消毒の後に、麻酔。
そして右側から採卵が始まります。
「○ミリです~。」とか「~リンスです。」とか聞こえてきます。
前回聞こえた、「GVです。」とかは聞こえてきませんでした。
おお?未熟卵はないのかな?
右が終わり、左側へ。
左側のがあとに採卵するせいか、麻酔が切れかかってるのか、敏感なのか針を刺す痛みを少し感じるのですよね。
たまに「いたっ。」とかいいつつ、院長におなかをぐいっと押されつつ採卵が終わりました。


採卵後、血液検査をするといって血を取られました。
いつもは採卵日にはないのに、なんでだろう?


採卵後の安静時間90分です。
いつも少し長めの安静タイムが言い渡されます。
出血しやすいのでしょうか?


安静終了後、4Fで内診待ち。
…。
待てど待てど、呼ばれません。1時間半経ちました。
私の前の番号の人がお会計を終わっても、私は呼ばれません。
処置室の看護士さんに聞いてみました。
とすると、すぐ呼ばれ内診室へ。
どうやら、忘れられていたみたいです…。


内診。
ゆっくりと内診しています。
院長「採りまくったのに、少ないな…。空が多い子なのか?」


ええ!!


空が多い…。空が多い…。


空が多い子なのか?と聞かれても前回は予想通りの数だったので、わかりませんよ…。
それに誘発での採卵も過去1回なので、わかりません。
でも自然周期は空だったので、多い子かもしれません。


そして、問診。
院長「回収率が悪いね。スプレキュアが聞いていないのかと思って検査したけど、効いとるんだよね。あと卵胞が重なってできる体質なんやね。バナナの皮みたいに。」


採卵後の血液検査はスプレキュアの効き具合を見るためだったんですね。
しかし、院長のたとえがいまいちよくわからなくて、考えてしまいました。


ゆ「いくつとれたのでしょう?」


院「8つだね。」


8つ…。
予想個数は15個なのでその半分です…。
あんなに、たくさんあったのに。
あんなに針刺したのに。
卵胞数から考えると、4割弱の回収率です。


ショックでした。
取れた数というより、私は前回受精率が悪くて、そこで思ったより減ってしまったので、それを考えると凹みました。


あと採れたものは成熟卵になりたてのもののようで、卵子のまわりについている細胞が奇麗についていないといわれました。
これは卵胞が重なってできるとよくこうなるんだそうです。
きれいな例を見せてもらい、なるほどと思いました。


こういう卵は体外受精でもうまく受精できないことが多いとのことで、全部顕微になりました。


そして前回採卵後にOHSSになって、大変だったこと、おなかが痛いので痛み止めが欲しいことを話したところ、通常なら1週間後の診察が、3日後になってしまいました。
あ~、診察日増えちゃった。余計なこと言ったかな。
でも痛み止めのロキソニンが欲しかったので、しょうがないですね。
それと、次周期の移植に向けてのプラノバール。
前回プラノバールを飲んだとき、嘔吐してしまってドオルトンに変更してもらったのでドオルトンがいいなと思い、聞いてみたところ、ドオルトンはもう使っていないとのこと。
とりあえずプラノバールを飲んでみてといわれました。


診察が終わり、次は3Fで培養士さんとのお話です。
ここで、さらにショックなことが発覚!


培「採れた卵は全部で7つですね。」


ゆ「ええ?院長には8つと聞いていますが。」


培「あれ?ええと、1つは卵はなくて周りの細胞だけ?(説明うろ覚えです。)でしたので、院長はこれを数えてしまったんですね。卵は7つですね。」

ああ・・・、そうですか…。


そして写真を見ると、なるほど、卵の形ありませんでした。


こうして、また一つ卵が減りました。
前回より少ないです。
卵胞は多かったのに・・。


その後お会計を済まし、生理痛のようなおなかの痛みでゆっくり歩きつつ、また前回と同じように受精で減ってしまったらどうしようと悩みつつ、いや、でも数じゃなくて、質だ!と言い聞かせつつ、家路につきました…。



テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/03 21:00】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) | コメント(2) |
『いよいよ採卵周期に。』
(これは2月下旬から、3月初旬の話です。)


2月下旬、ようやく採卵周期に入ることができました。


D3に通院。S吉先生です。
ホルモン値は、E2 66  LH 2.8  FSH 8.5
卵胞は5ミリ大のが、4つぐらい見えました。
大きさ的にはぎりぎり合格でしょうか?
この日から、セロフェンの服用が始まりました。
で次の通院日はD6です。


前回とは通院日の指定が違いました。
以前は、D3の次はD8だったのに、今回はD6。


変わったのかな?


D6。
ホルモン値は E2 62  LH 5.0  FSH 8.8
ってE2値下がってるし。
セロフェン飲んでるのですけどね…。


この日から、注射での誘発が始まりました。
前回は、普通の注射器だったのに今回はフォリスチムペンです。
D6~D8までは、50単位の注射でした。
なるほど、普通の注射器よりペン型のが便利ですね。
いちいち薬剤を吸い込まなくていいし。
今はこちらが主流なのでしょうか?


D9。S原先生です。
ホルモン値はE2 485  LH 8.0  FSH 9.8
ホルモン値伸びてきました!
この時点での卵胞数は4つ。
でもまだまだ出てくるでしょうとのこと。
この日からフォリスチムの単位が75単位になりました。


D12
ホルモン値はE2 2193  LH 8.6  FSH 9.7
卵胞数は9ミリ~18ミリぐらいのものが、15個ぐらい!
でも不揃いですね…。
主席卵胞が18ミリということで、これからまめに見ていくとのこと。
この日から、3日間連日夢クリ通いです。


D13 S原先生です。
ホルモン値はE2 3342  LH 8.3  FSH 8.7
卵胞は大きいもので、20ミリを超えていたようです。
でもLHが動いていないので、もう一日様子を見れるとのこと。
でもたぶん明日で採卵日は決まるでしょうと言われました。


D14 院長です。
ホルモン値はE2 4867  LH 8.6  FSH 9.3
なせか今日は超音波の写真があまりなく、いくつかは不明。
昨日S原先生がおっしゃったように、採卵日が決定。
pm10時半のスプレキュアを指定されました。
カルテには、20分の15との記述が!
卵胞が20個ぐらい見えるので、15個ぐらい採卵できるだろうとの予想です。


今回の採卵までの誘発
セロフェン11日。
フォリスチム D3~D6まで50単位。
        D7~D13まで75単位。


前回とは誘発の薬は一緒ですが、注射の仕方が違いました。
前回はもう少し単位が大きいものを3~4回。
今回は単位が小さいけれど、連日。
総量はそんなに変わらないと思います。
これで、どんな変化がもたらされるか。
自己注射も連日だと慣れますね~。


そして、D16。
いよいよ採卵日です。
さすがにおなかも張って、座るときでさえもおなかに響くぐらいです。
採卵までにかかった日数は前回と同じでした。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/02 20:47】 クロミフェン終了後採卵周期① | トラックバック(0) |
『なかなか排卵しない・・・。(1月)』
水泳の話と前後して、少し戻ります。


1月。
撃沈後、生理が来て、今周期は採卵前の調整の周期です。


自然排卵を待ち、マーベロンで残卵をつぶすはず。


しかし、いつもでも遅い私の卵の成長、今周期はさらに遅め・・・。


調子のいい時なら17,18日目に排卵の私ですが、まったく動かず。
S原先生に「少しでもHCGがでると、排卵が乱れることは多い。」とは言われましたが。
前回の移植で、HCGが4まででたので、その影響か、はたまた判定日にでた高熱のせいか。


結局、排卵したのは25日目ぐらいでした。


その後、マーベロン19日間続いて、結局この周期にかかった日数は45日以上…。


長いですよね。


これでもう2月中旬になってしまいました。


不妊治療をしているので、調整やらでいろいろ日数がかかるのはわかりますが、通常の人なら28日周期なのに、1周期に45日もかかるとどんどんチャンスが減る気分です。


ま、しょうがないですけどね。


そしていよいよ通常料金の、採卵周期が始まりました。



テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/01 20:59】 採卵前調整周期 | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。