『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2008年12月~2009年1月までの私。その1。』
非常にご無沙汰していました。
なんとなくブログを書くモチベーションが、上がらなくて。
治療に対してのストレスかも知れません。


そして、この間になんと、クロミフェン周期(成功報酬)が終了してしまいました!!
そう、移植3回目をひそかに行っておりました。(見事撃沈ですが。)
いや~、あっさり終わりましたね。


振り返って書いてみようと思います。


12月。
生理が来てD3に来院。
その時点でまだHCGがさがりきっておらず、0.1。


まだ移植は無理だな~と思っていたら、S原先生いわく、「HCG次第で移植できるかも。」とのこと。


でもここからHCG消えにくいっていうし、前回S吉先生には2月になるかもと言われていたのでまあないだろうと構えていたら、次の診察時にあっさりHCGは0に。


あら、移植できるのかしら?


でも移植するといっても、今回は自然周期。
HR補充でしか経験のない私には、無理だろ~と移植モードにさっぱりならず。
排卵が遅いと中止になることも多い自然周期移植は、排卵が遅い私には中止になる確率が大。


と思いきや。


なんとか遅すぎず排卵。
でも排卵後の黄体ホルモンが低いといわれました。


これで、ああ、きっと移植日当日にホルモン値が悪くて中止だな。と思い込み、移植モードにならず。


そんなこんなで移植日。


黄体ホルモンは足りてないけど、薬で何とかなるとのことであっさり移植決定。


あら、移植できるんですね。


でも残り1つの卵は、3つあった卵の中でも一番状態の悪い6日胚盤胞。


そしてここで、衝撃的事実が発覚しました…!

融解して培養士さんからのお話です。
大きさ、状態などを確認。
6日目胚盤胞、凍結時間141時間、細胞数11個。


!!!??


夢クリに通ってらっしゃる方なら気づきましたでしょうか?


私の6日目胚盤胞、凍結基準を満たしていないのです!!

細胞数が11個。
6日目胚盤胞の基準は、12個なのです。


ではなぜ凍結されたのか!?


私が採卵し、凍結した去年の5月の時点ではこの基準はなかったそうです・・・。


そして培養士さんいわく、「今だったらもう少し培養して様子をみていたか、 凍結していなかったかもしれませんね。」


ガーン!!


一気にモチベーション、ダウン。


そんなこんなで、受けた移植は12月25日の出来事でした…。
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/19 20:28】 クロミフェン③(移植周期) | トラックバック(0) |
trackback
trackback url
http://yuzugurumi16.blog103.fc2.com/tb.php/70-877acafe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。