『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『移植~判定日(BT7日目) その1』
無事移植が終わり、その日はまっすぐ家へ帰宅。


BT1日目
習い事があったので、一日中外出。
本当は家にいたかったのですが、座って作業の習い事なので行ってきました。


BT2、3日目
特に遠出をすることもなく、家の近くをうろうろするだけ。


そして、BT4日目。
この日は自然周期で移植した時、黄体ホルモンの検査があるために血液検査をします。
そして、β-hcgも計ります…。


午前中指定なので、いつもどおり行こうと思ったのですが、病院行きたくない~、怖い~、いや~という気持があり、遅めに家出。
おまけに緊張からか、おなかまで壊す始末。
精神面の弱さが、おなかに表れます。


この日はすいていたため、1時間半ぐらいで終わりました。
内診はないため、4Fに呼ばれたら、すぐ診察室へ呼ばれるはず。
移植後だから、院長だろうと思い、診察室1番のドアが開くたびに神経を集中。
緊張もピークです。


私は今回アシストハッチングをしていないので、β-hcgが0.0でも問題がないようです。
でもβ-hcgが出ていらっしゃる方も多いので、なんとか、1以下の数字でも出てくれれば…と思っていました。
と同時に、駄目でも妊娠したらできない楽しいこと(旅行とか、TDRとか)を想像して、ショックを緩和する準備もしていました。


院長から呼ばれる予定(思いこみ)の私、呼ばれたのは5番からでした。
あれ?
移植後は院長じゃないの?


と思いながら、でも呼ばれたよね?と思い5番へ。


怖くて、ホルモン値の紙を見ることができません。
でも勇気を出して、ちらっと見てみると、そこには0.0じゃなさそうな数字が。


先「ゆずRICOさんですね。お薬の飲み忘れはありませんね。数値が出てますね。今のところ順調ですね。」


β-hcg 2.2  P4 22.6


先「ただ、これに刺激を受けて黄体ホルモン値が伸びなくてはいけないのに、前と同じぐらいですね。
まあでも量は出ているので(?)デュファストンだけしっかり飲んでいてください。」



ゆ「注射とかは?」


先「必要ありません。」


こころなしか、今日のS吉先生の口調は柔らかく感じました。


この日は、とりあえず着床しかけてくれていることがわかりました。

スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/21 19:25】 移植周期⑤ | トラックバック(0) |
trackback
trackback url
http://yuzugurumi16.blog103.fc2.com/tb.php/89-9d3d90ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。